伝説のRPG・・・テイルズオブファンタジア。『この世に悪があるとすれば、其れは人の心だ・・・』
↓見たい項目をクリックして下さい。
PS版との相違点 現代編 過去編1 過去編2 過去編3
未来編1 未来編2 モーリア坑道深層 サブイベント キャラ&技の違い

PS版との相違点

★操作性★
(慣れると戻れない・・・その怖さ)
(注:説明書がない為、不明な点も存在します。ご了承下さい。)

●Sレンジ(近距離)とLレンジ(遠距離) SFC版では、敵との距離がSレンジの時と、Lレンジの時とで、私用できる特技が変化します(クレスのみ)。
●通常攻撃 SFC版のクレスの通常攻撃は基本的に、
・斬り(A)
・突き(上+A)
・ジャンプ斬り{Lレンジで:A+A(ダッシュ)}
・ジャンプ上空{Sレンジで:A+A(ダッシュ)}or{上+A(ダッシュ)→Sレンジで:A}
・ジャンプ突き{Lレンジで:上+A(ダッシュ)→Lレンジで:A}

の計5つかと思われます(説明書がないので断定不可…^^;)。
なお、他キャラの通常攻撃はPS版と大体同じ?チェスター以外は1パターンのみです。
●特技の設定と変更(クレスのみ) SFC版では、Sレンジの斬&突・Lレンジの斬&突の計4つのボタンに特技を登録できます。
しかし、Sレンジ専用・Lレンジ専用の特技が存在しているのでややこしいですが・・・
なお、奥義は全てLレンジです。
●技の連携不可能 PS版では、通常攻撃×2→普通の技→奥義→秘奥義(最終奥義&ド〜リャァァ・・・)という風に特技を連携させることが出来ましたが、SFC版では単発のみです(スタオーと同じ)。
しかし、敵に密着していれば硬直ナシで連発できます(コレ重要!)。
●逃走方法 SFC版では、画面端でLRボタン押しっぱなしで逃げます。右方向に逃げるならR、左ならLです。
ただし、一度でもボタンを離すと逃走ゲージがキャンセルされます(^^;)しかも、呪文発動中でもキャンセルされます。
更に、逃走中は逃げる以外何も出来ません!一応メニューは開けますが、閉じられない&コマンド選択できないため、LRを離す他ないでしょう。
また、高LV呪文を受けて画面端から離れてもダメです。
しかし、ピヨリ状態&クレスが死んでいる時(幽霊で逃げる)は逃げられます(おお、何とも理不尽な…)。
●特技ショートカットの不可 PS版ではL2・R2ボタンに特技を登録できましたが、SFC版はTOD同様出来ません(その前にボタンが足りないよ^^;)。
●アイテムの使用 PS版では、アイテムを使用したキャラは短時間硬直しましたが、SFC版では硬直どころか、キャラが行動中だろうがピヨッていようが使えます。
こりゃスゲー!と思いきや、1回アイテムを使うとしばらく使えなくなるんですよ・・(スタオーと同じ)
●操作モード SFC版にはターゲットモードというものがあり、
・マニュアル(初期ターゲットは右側の敵・自分で変更する必要がある)
・セミオート(初期ターゲットは右側の敵・攻撃のHITした敵に自動的にターゲットが移る)
・オート(初期ターゲットは近くにいる敵・自動的に近くの敵を狙う&任意にターゲットの変更は出来ない?)

の3つがあります。
なお、ターゲットの変更はYボタンで行います。
●リーダー変更不可&他 SFC版ではTOD同様リーダーの変更が出来ません。また、チャネリングとテクニカルリングもありません。よって、他キャラの操作はホボコンピューター任せです(メニューでの特技使用以外)。
●ダッシュ時の反動 SFC版では常にPS版のセミオート状態で戦闘します。ダッシュして攻撃するのはそのままなのですが、戻るときに反対方向のボタンを押しますと、ブレーキが掛かりにくく、直ぐに押してもTOEのダッシュ反動以上の誤差が出ます。
よって、敵に密着するには不便ですが歩いていく&一部の特技で近寄るしかない様です。
●ガード不可? PS版テイルズでは■ボタンでガードできましたが、SFC版では不可能です!(スタオー同様)
しかし、過去ベネツィアの武器屋の剣士の情報によると、
「戦いは例え相手が魔物であっても真剣勝負、心を無にしていれば何事にも動じない。
あ〜、要するにだ、コントローラーをニュートラルの状態にしていれば、回避立がアップするということだ。わかった?」
だそうです。
ニュートラル…ようするに何もしなければいいんですかね?実際のところは不明です(^^;)
●配置換えとその影響 戦闘中にLRボタンを軽く押すと、主人公を起点に、Lは左、Rは右にキャラが移動します。
また、戦闘中の配置換えは、その戦闘が終わると元の位置にリセットされます。
●これらの操作時にも時間が流れる NO,1:戦闘開始直後の画面スクロール時(エンカウント確認オン時。モーリア坑道ではイタイ…ボーッとしていると簡単に逝きます^^;)
エンカウント確認、意味ないんじゃ…
NO,2:呪文を使うキャラの選択時。
●背後からの一撃 背後からの攻撃は必中の模様(SO2同様か?)。

★その他(技については別項目で)★
(PS版のネタばれ注意!)

●グラフィック&BGM&ボイス&シナリオ・・・SFCですからホボ平面体(2次元)ですが、レアバード操作時にはちゃんと東西南北が回転(斜め移動あり)します。BGMもSFC独特の何かが?醸し出されていて、PS版との違和感は殆どありません。
●容量の関係でボイスはかなり少ないです。それでも、フェンビースト&グレムリンレアーまで吼えるのだから凝ってます・・・ホント。
なお、ボイス付きイベントは、マーテル(最初)・ミント(ファーストエイド&ユグドラシル復活の呪文&バリアー)・忍者の里(アーチェの桶ヒット!)・カメレオンやメイアー(敵)などの叫び声(やーーー!)、しか無いようです。
●シナリオ面はホボ同じ。所々にトライエース風ギャグが盛り込まれてますね!

●モンスター・・・基本的に姿は同じですが、名前は殆ど異なっています。
また、PS版で出ないモンスターもいます。勿論逆もあります。ボスの色違い(精霊やジャミル)が存在する点は嬉しいです!

●アイテム・・・長くなるので少しだけ。まず食材がTOD同様食品に変更。交易品の変更。収集品が無い(すぺふらは交易品に)。その他の点。
・グーングニルは一度も進化しません。よって空中戦ではグーングニル第一形態しか装備できません。
・レジスト・プロテクトリングが対応攻撃無効化&破壊率99%(汗)
・リフレクト・フォースリングが対応攻撃無効&破壊率50%に・・・(使えん!まさにSOですね)。
・ナイトメアブーツ(移動速度UP)・ジェットブーツ(Bボタンダッシュ可能)が誰でも装備可能になってます。
・フェアリィリングは魔術師系のみ。また、アーチェはペルシャブーツを装備できません。
・コンボコマンド・ダークシール・デモンズシールはクレスのみ装備可?
・セフィラの効果=『所持していると、取得経験とガルドが10%上昇(モンスターの中には更に経験値がUPするものも)』
・ブルーセフィラ=『所持していると、取得経験とガルドが20%上昇(経験は変わらず・・?)』
その他色々・・・(手抜き^^;)

●経験値&LV上限・・・FF・SO2同様、戦闘参加メンバー(生きてる人だけ)に均等に配分されます。当然PS版と違い、1人で戦うとLVはかなり上昇。
また、未来編以降、控えメンバーが1人出てきますが、そのメンバーには一切経験値が入りません(PS版は入ります)。
また、LVの上限は『99』です。

●フェイスチャット・・・無いです。SFCの容量であったら鬼です・・・

●能力値UP系呪文・・・たまに失敗します(詠唱自体は成功します)。しかも、「失敗!」という親切な表示が・・・(状態変化攻撃の当たり外れ判定もこれ。石化光線とか)。

●難易度・・・今回はノーマル・ハードのみ。ハードでは敵から受けるダメージが2倍?になる為、OPイベントの???(アラン)君が死亡します(汗)
呪文のダメージはそのままみたいです。

●状態変化・・・『毒・石化・麻痺・ステータスダウン』の他、『スリップ?・即死』があります。また、『眠り』はありません。
移動速度アップorダウンが呪文で存在。

●すず&チェスター&ミント&モリスン・・・PS版では仲間になった「すず」は、会うことは出来るものの仲間にすることは出来ません。
また、チェスター・ミント・モリスン(&ナレーター)の声優を、順に、「草尾 毅さん」「こおろぎ さとみさん」「井上 和彦さん」が担当しています。また、チェスターには特技が無い(当然TPはゼロ。チェスターの声は、攻撃・ダメージ・戦闘不能に一個ずつ・・汗)。

●製作チーム・・・スタッフロールより、「WOLF TEAM」(現トライエースのメンバーが大半とのこと)が製作を担当。
なお、エクゼクティブ・プロデューサーは五反田 義治氏(現トライエース)。TOPのベースとなった、テイルファンタジアのライターも担当。

●フードサックシステム・・・TODをプレイした方ならご存じかもしれませんが、食品をフードサックという袋にいれて移動すると、HPが回復するというシステムです。
しかし、TODの様に一歩で全快するのではなく、数歩で約100HP?という微々たる物!(前半は使えるのですが)Lサイズは必要ない気がしますが・・・(でも食品のネーミング&説明はGoo×Goo!『ステキなステーキ(爆)』とか・・)
素晴らしき味の世界の住人?は住居不法侵入罪で全員逮捕された模様。

●オーディン&リリス・・・SFC版(←略そうかな・・)では出ません。リリスは当然としてのオーディンがでないとは…勿論グーングニル(真)は存在せず、槍はレナスに恐喝されたまま(爆)
なお、闘技場のラストは、ガルフビースト(モーリア坑道に左遷)ではなくワイバーン。8連戦の雑魚の方が鬼です(汗)

●称号の変更・・・今回はクレスにしかありません(詳しくはキャラ紹介でします)。

●OPテーマ、『夢は終わらない』(〜こぼれ落ちる時の雫〜)の歌手が、吉田 由香里さん・・・題名通り。アル条件を満たすとアルヴァニスタ城の一階に現れ、コレを熱唱してくれます!PS版のエンディングもこの方だそうです。
リズム感溢れる歌い方?がいいですねぇ〜・・・OPムービーはないですが(容量上仕方ないよ、うん!)。

●エンカウント&ダッシュ・・・エンカウント率はダッシュすると倍になります。また、ダッシュするにはジェットブーツ(店で200いくらで売っている。ダッシューズではない^^;)を装備しなくてはいけません。SFC版RPGは歩きでないとね!(爆)
また、ロードをすると自動でエンカウントカットが行われます。

●ホーリィボトル・フレアボトル・・・持続時間がPS版の約半分です(フレアボトルは約15秒)。でも、ホーリィボトルが壊れるところは同じ(それはいいよ・・)

●アクセサリーの2重効果不可・・・ペルシャブーツやブラックオニキスを2つつけても、その効果は1つ分だけしか現れない(PS版では効果が増幅)。

●クレスの★マーク・・・アル条件を達するとクレスの名前の横に★が付くようです(現在6個)。
分かっている条件は、『コンボマスター・チャンピオン・ドルアーガマニア・侍』の称号GET時に各一つずつ★が付きます。ダオス城突入時は1個でしたから、ダオス城突入&モーリア坑道深層クリアで一つずつかも知れませんね・・・(←いい加減^^;)

●毒のダメージ&スリップ?・・・毒のダメージは何故か7ポイント。ひ、低い・・・。
また、ウォール系呪文でダメージを喰らうと、毒と同じようにHPが減少します(しかも毒より多いというオマケ付き)。

●開発室もどき・・・オリーブヴィレッジのサーロイン(食料屋)に行くと、過去・未来で二つずつ開発室を見ることが出来ます。PS版のサーロインに何故あんなに人がいたのか?の答えが分かります。
実は彼ら、何を隠そう、TOPの製作スタッフだったのです!(中には現トライエースの方々も・・)PSでは名前カットされましたね(泣)

●アイフリードの宝の場所&宝が多少違う・・・まず場所。アーリィの草原や白樺上の雪原など・・・。
次に財宝。ホエールミート・びじょうぶ等の交易品の他、ドリル・・・じゃなくてウォールブレイクの変わりにシルバーマトックが出現。

●ドルアーガセット・・・一品増えて9個に。シルバーマトック(ウォール系呪文を無効にするアクセサリー。ドルアーガの塔にあった壁破壊アイテム。銅&金もある←関係ないッス^^;)がそれ。
全て揃えると、クレスがドルアーガマニアの称号を得る為の権利を得ます?

●闇の洞窟・・・PS版では難易度最高の恐怖のダンジョン・・・でしたが、今回はシャドウのフロアに直結。BGMは同じ(=FIELD OF SUNSET。やけに前奏の風の部分が長い)。

●ブルーキャンドル等の火付けアイテム・・・レッドランタンもアイフの財宝に。闇の洞窟で出番がない為、忘れがちですが、ダンジョン内(暗いダンジョン)の配色を変更する作用があります。
ブルーキャンドル・グリーントーチ・レッドランタンの順に、青・緑・赤の色を+1します。何度も使うとホボ染まります(笑)

●モーリア坑道深層・・・10階以降は、下へ行くほどBGMがオドロオドロしくなります。モンスターがホントに恐ろしい為、カナリ恐い仕掛け・・・
なお、キャンドル系アイテムを使っても、暗闇フロアは見えない様です。
トコロデ、モリア坑道という元ネタが指輪物語に存在。ドワーフ族の神殿という設定もそのまま。バルログという封印されし恐怖の魔物がいるそうです・・・(炎のたてがみと鞭を持つ悪鬼。炎の鞭?もしかしてビーストマスター・・・^^;)

●物まね芸人がいない・・・ユミル東部のあの方々です。ユークリッドの村にはいますけど(名言:お客様は神様です!の調子のいいセリフも存在)。

●ランドアーチン&ボアボア・・・前者は緑色のちっこいウニ。前進する姿が可愛いヤツですが、攻撃力が異常ーに高い!しかもふれるだけで9999ダメージ!浮いているアーチェ以外は避けるすべがない・・・
ただし逃げやすい。でも殺せない・・・(魔法・物理効かず&即死呪文はフリーズ。HP0になっても死んでない)。元はナムコの、『イシターの復活』に出てくるモンスター。ビッグバン&ブラックホール(SFC版では何故かフリーズ・・)でしか倒せないらしいです・・
後者はお馴染みのボアの進化形。しかし、コチラの方が小さく、小回りが利き突進力がある。更に、猪突猛進という連続攻撃を持つボスより強い最強雑魚。しかも3体&ビーストマスター付き・・・(炎弱点はPS版と同じ)

●スター〜系アイテムの凝った演出・・・スターベレットやスターブルームの説明に、「時々星のきらめきを見せる」等という説明がありますが、実際これらのアイテムを装備すると、装備者の体から色とりどりの光が流れ落ちます(スターメイスは攻撃時)。
アーチェにつけると、まさに『魔法使い○リー』!(爆)

●魔女の宅○便アイテム・・・黒い服・デッキブラシ・リボンの3つがそれ。
デッキブラシの説明曰く、「これであなたも魔女オタク(?)」・・・題名通りですね。しかし、凝った演出です。

●ヒョウドウさん&オカモトさん・・・未来編2番目のオアシスにいる謎の2人組み(実は開発スタッフ)。セリフは下記参照。
2人共通「暑いね、〜さん」
〃「ジュース飲みたいね、〜さん」
〃「オリーブヴィレッジに行って買ってきてよ、〜さん」
〃「・×20個」
ヒョウドウさん「このゲーム、売れるといいね、オカモトさん」
オカモトさん「このゲーム、きっと売れるよ、ヒョウドウさん」
クレス、汗をかく。

●!ダイアモンドの隠し効果・・・!ダイアモンドを装備すると、殆どの能力が大幅に上昇する他、属性耐性も付加されます。
それは、水・風・光・無を吸収or無効にするもの。ただし、たまにダメージを受けることもあるため、かなりいい加減。
実を言うと『くろいふく』の防御効果もたまにおかしくなります(耐性がないはずの闇属性を吸収したり、吸収するはずの水属性でダメージを受けたり)。
相当古いロムでしたからね…

●レイズデッドのSO2的演出・・・レイズデッドを使用すると、戦闘不能になったキャラの天使(幽霊?)が光臨してきます。これはSO2のレイズデッドと同じ演出で、TOD以降はレム型天使?が降りてきます(Eはミントで2種類)。
開発スタッフが同じですから・・ハハハ

●セーブポイント上のエンカウント・・・言い切れませんが、SFC版のセーブポイント(魔法陣)の中ではエンカウントをしない様です。
ただしSFC版でもなんでも、魔法陣は狭いのでずれることが多数・・・特にやりこみ時(モーリア坑道)は注意しましょう。

●画面の端・・・何故か画面の端(右端だけ?)では技を使用することができません。敵にハメられるとちょっと地獄です・・

●一部の『?アイテム』が売れる・・・何と、?アイテムを変換後の値段で売却することができます。しかし、売れる?アイテムは、「ロングソード」、「S・セルフボウ」、店で売られている?アイテムだけのようです。

●その他、わかり次第追って報告致します。


NEXT(現代編へ)・・・・・・このページのTOPへ戻る

ファンタジアTOPページへ戻る

やり込みTOPへ戻る