◆ Pパーツ装備によるモンスターの改造 ■

◎:必ずお読み下さい
この裏技は、Pパーツ(ジークベックの装備品・正式名:パワーユニットパーツ)を装備し、追加能力を何個でも付ける、という裏技です。チェンジエネミーで別のクラスになれないモンスター等に有効ですが、チェンジエネミーよりは少々劣ります。
また、この裏技を使用する際は、必ず、アイテム何でも装備法注意書き、及び操作方法を御覧になって下さい!


●注:Pパーツをジークベックに装備させたときに、技欄の先頭に表示される技を、『Pパーツの先頭の技』、2番目以降の技を、『Pパーツの2番目の技』として扱います。

 

Pパーツ・基礎知識編
《『Pパーツ装備で追加能力を何個も付ける』を御覧になる前に、必ず目を通しておいて下さい。》


◎NO,1:Pパーツの利点其の一・Pパーツの追加技を覚える!
→まず、『アイテム何でも装備法』を使って、ジーク以外のキャラにPパーツを装備させます。
すると、Pパーツを装備させたキャラの技欄の空欄に、各Pパーツごとの技が追加されます。このとき、Pパーツの技の数よりも空欄が少ない場合は、Pパーツの先頭の技から順番に技が追加され、入らない技はカットされます。(例:空欄が1個のときにPリバースを装備すると、キュアしか追加されません。)

また、Pパーツの技の並び順は変えることができません(例:Pパーツ2番目の技を、Pパーツ先頭の技の上に並び替えることは不可。)しかし、他の技(すでに持っている技や追加能力)の上に持ってくることは可能です。(この定理を応用したのが、下記の、『Pパーツ装備で追加能力を何個も付ける』という裏技です。)


◎NO,2:Pパーツの利点其の二・ステータスが上昇する!
→Pパーツを装備すると、各Pパーツがジークベックに追加するステータスの上昇値が、Pパーツを装備したキャラにも追加されます。なお、Pパーツをずすとこれらのステータス追加効果は消えます。

ただし、HP・MPの場合は少々異なっています。HP・MPはPパーツをはずしても元に戻らない上に、次の行動をするたびに、一回ずつHP・MPが上昇します。(一回ごとの上昇値はジークに装備させたときと同じ)

●1:Pパーツを装備したとき・全キャラが写っている画面を開く(装備画面などから戻ってきた場合も含む)・追加能力を1個付ける・追加能力画面でPパーツの技をはずそうとする(▲を押す)・技を1個並び替える・戦闘に突入する・等・・・

また、以下の状態では、急激にHPが増加していきます。

●2:Pパーツを装備したキャラのステータスを見ている間・戦闘突入前のキャラ選択時に、Pパーツを装備しているキャラにカーソルを合わせる・戦闘中敵が行動している間

なお、HP・MPの上限は32767です。


◎NO,3:Pパーツ装備の弱点&注意点!
→上記の通り、Pパーツを装備すると、簡単にHP・MPを増やすことが出来ます。
しかし、HP・MPが上昇すると、通常のバトルや、友達と戦うとき等に、相手とのハンデが大きくなり、あまりおもしろ身がないかも知れません。これは、Pパーツで追加能力を増やす場合にも大きな問題となります。
そこで、HP・MPの上昇をなるべく少ない値ですませるために、NO,2の●1の行動をなるべく減らし、●2の、『戦闘突入前のキャラ選択時に、Pパーツを装備しているキャラを選ぶ』場合には、そのキャラを選択したらすぐ別のキャラにカーソルを移す、(追加能力を増やす場合に必要)といったことをするといいでしょう!

また、通常戦闘や友達と戦っている時に、そのモンスターの通常能力以上のHP・MPが減った場合には、戦闘不能扱い(MPなら、回復するまで魔法を使わない)にして、使用しないようにするといいでしょう。(戦闘不能キャラは、画面端に移動させたり、自爆させる)復活させる場合は、1ターン誰かが攻撃をしないようにするのです。

面倒くさいですが、今のところこれぐらいしか解決策がありませんので(汗)
できれば、Pパーツの裏技で増やす追加能力は1つに止めて置くといいでしょう。

 

Pパーツ装備で追加能力を何個も付ける

◎NO,1:追加能力を何個でも付ける方法(Pパーツ編)
→まず、追加能力を増やしたいモンスター(モンスターAとします)の追加能力6個の中に、Pパーツの先頭の技があることを確認します。
上記の事を確認したら、モンスターAに追加能力を2個付け、モンスターAの追加能力を先頭に持つPパーツを、モンスターAに装備させます。

次に、戦闘中に、増やしたい追加能力によって、Pパーツの技の並び替えを、次の通りに行う必要があります。

○1:追加能力を3個にしたい場合・・・Pパーツ先頭の技を、追加能力2個の上に並べ替える。

○2:追加能力を4個にしたい場合(一度に2個の追加能力を増やす場合)・・・Pパーツ先頭の技と2番目の技を、追加能力の上に並べ替える。

○3:追加能力を5,6個にする場合・・・5個なら、○1と○2を、6個なら○2を2回繰り返せばOK!

また、Pパーツの能力は、殆どの場合、全技の下に表示されていることが多いのですが、モンスターの中には、この順番が違う者もいます。

例えば、オーガ系の場合は、Pパーツの先頭の技が真ん中に、Pパーツの2番目以降の技が、下から2番目に表示されています。よってオーガ系は、Pパーツを装備する前に、追加能力を技欄の一番下に並べ替えておけば、残りの空欄が1個にならない限り、戦闘でPパーツ技の並べ替えをしなくても追加能力を付けられる、ということになります。(最後の1個は結局並べ替えをしなくてはいけませんが・・

◎NO,2:追加能力を何個でも付ける方法・例外(Pパーツ編)
→追加能力を増やしたいモンスター(モンスターAとします)の追加能力6個の中に、Pパーツの先頭の技がない場合は、Pパーツ2,3,4番目の技を交換に使うことになります。

しかし、通常モンスター(チェンジエネミーで別のクラスになれるモンスター&モンスターゲーム賞品の、追加特殊能力が2個あるモンスター以外)では、空欄が残り1個になってしまうと、Pパーツ2番目以降の技が表示されなくなってしまうので、追加能力を増やせたとしても、技が10個に出来なくなることがあります。
また、先に追加能力を付けたとしても、残りの空欄が2個以下では、クラスチェンジして新技を覚えることが出来ないので、結局技を10個にすることが出来ません。

しかし、技の並び替えを行うことでこの問題を解消し、どの様なモンスターにも追加能力を幾らでも付け、かつ技を10個にすることが可能になります。
詳細については、ありのすさんによる特殊能力の内部配置と修得法則をご覧下さい。


◎NO,3:Pパーツ装備が有効なモンスター
→Pパーツ装備が可能・Pパーツの技が技欄に表示される・Pパーツの技を追加能力と交換できる』ということを全仲間モンスターで試したところ、全てのモンスターがコレ↑に該当することがわかりました。
(全モンスターに、対応する追加能力全てをつけられるのか?ということは実証しておりません。)

注:これはあくまで私のDISKで検証した結果であり、他のDISKでも実証されるかどうかはわかりませんので、ご了承ください。



アークトップへ トップページへ