アークトップへ

◆ 小技集 ◆

−−純粋な隠し要素からバグまで−−
(初回版で検証)


★鍛冶屋を強化する
鍛冶屋は、利用する度に”鍛冶屋ポイント”という隠しポイントが溜まり、それが特定の数値になると新たな仕事が増える。
※LV上げだけでなく、”アイテムの鑑定”でも上がるので、こちらを繰り返しやって溜めると良い。 LVが高いアイテムほど溜まりやすい様子。15のアイテムを鑑定するべし!(すぐに最高値になります)
☆追加される内容
・プロディアス:特殊効果発生→最大LVを上げる(15まで)
・ブラキア:特殊効果発生→攻撃力・防御力を上げる→専用装備化(能力が+1〜3される)
☆鍛えられる最高値
LVは15。攻撃・防御UPはアイテムによって異なる。アイテム名の後ろに、+〜と付くものはSSが最高。
※高確率でLV、攻撃・防御力の上昇後、次回の成長が不可能になることがある。確率なので何度もやり直すべし。 モンゲーがあるならば少しは楽。
※アイテムLVを上昇させると、特殊効果(魔力UPなど)の追加ステータス値が上昇するアイテムもある。


★石化しても、体が無くても話す敵
☆石化・麻痺状態のモンスターが会話、行動する
カラナ砂漠のレイヴン、テュケの洞窟のグァルデなど倒してもHPが1残り、専用のセリフなどを言うモンスターを 石化などの状態にして倒すと、何故か石化しながら会話or行動する。グァルデの場合、消滅しても状態変化マークが残る。
☆空間が話す!?
上記のモンスター(レイヴン以外)をサニアのダークディストラクターで倒すと、何もない空間から吹き出しが出現する(^^;)


★ヂークベックの武器熟練度
ヂークベックの武器は全て熟練度が固定のため分からないが、装備を外してみるとちゃんと対応武器の熟練度が上昇している。ただ、ヂークベックの武器は熟練LVが固定されたまま変化しないため、本来の熟練度は全く意味を成さない。
しかし、マザークレアの裏技で他のパンチ、銃1の武器を装備すれば熟練度には本来の値が適用される。
※他のキャラにヂークベックの武器を装備させるとちゃんと熟練LVが固定される。


★手配モンスターと同士討ちすると…
手配モンスターを倒すと、ギルド仕事、イベント戦で全滅する以外は2度と出現しませんが、シュウの時限爆弾、自爆、サニアのイクスクレイトなどで同士討ちすると、全滅メッセージの後に「手配モンスター〜を倒しました」のメッセージが出現します。
このとき、○ボタンを押さないと、そのまま普段の全滅通りパーティ編成までもどりますが(例外有り)、手配モンスターはちゃっかり生きています。 ただし、ハントしたわけではないので報酬は一切出ませんし、同士討ちなのでアイテムも出ません。
ようするに、”無意味”です(汗)  なお、以下のモンスターで同士討ちし、「手配モンスター〜を倒しました」のメッセージ中に○を押すと様々な結果が得られます。
※この場合、報酬は一切得られません。


★手配モンスターの落とすアイテムを複数取得
上記の裏技で手配モンスターと同士討ちする際、イクスクレイトで同士討ちor別の敵に倒される(全滅)と、 通常通り手配モンスターの”落とすアイテム”を入手出来ます。さらに、「手配モンスター〜を倒しました」のメッセージで○ボタンを押さずにいれば、何度でも入手可能(憶測)です。

【原因】
イクスクレイトでの同士討ちは、自爆,時限爆弾などと違い、モンスターの攻撃によって対象モンスターが倒されるため、 結果としてそのモンスターがアイテムを手に入れます。更に、アイテム入手プログラムの都合上(アーク2で手に入れたアイテムは全てパーティーアイテム欄に格納される)、そのアイテムはパーティが入手したことになり手元に残るのだと推測できます。

【例】
手配モンスター”ブーシー”の攻撃でサニアが戦闘不能になり、同時にイクスクレイトによってブーシーも戦闘不能になった。両者のグラフィック消滅後、 ブーシーの所持アイテム『スティンガー』を手に入れたというメッセージだけが2度表示される (ブーシーが自分の攻撃で死んだため、スティンガーはブーシーが手に入れたことになる。ただし、既にブーシーの姿はないため、 メッセージだけが表示される。2度目のアイテムアイコンは表示が剣になっているが、これは入手しているわけではなく単なるバグだと思われる)。

【入手検証】(アイテムを何度でも入手できる敵)
複数入手可能:メナン、ブーシー、グラヴィス、ビシャモン、シュヴァイデル、クエーガー、ダルシオス、ベラドンナ
不可能:バルザック(1回目遭遇時のみ落とす)、グロヴィス、ザナック(1回目遭遇時のみ。上記裏技の結果より抜粋)
未検証:ラギ、キバ、マイオス、ダバノ

【効率の良い?やり方】

  1. サニアのHPを石などで1桁に調整する。シュウのHPを少し減らしておく。

  2. イーガの呪縛拳、リーザのホールドエネミーで手配モンスターの動きを止める(彼らのHPも少し減らしておく)。

  3. シュウの時限爆弾でモンスターのHPを調整。奇数HPのモンスターなら2発でOK。偶数の場合は、1発+石で調整し1桁にする。
    ※サニアのHP最大値が奇数ならモンスターと同時に巻き込んでやればいい。
    シュウ、イーガ(リーザ)も時限爆弾2発目で戦闘不能になるようにする。

  4. HP1桁のサニアがモンスターの攻撃で同士討ちすればOK。LV差がある場合ブレスレットなどで反撃LVを1にすればよい。

  5. なお、相手がアンデッドの場合、アンデッド即死状態にしてから対象とは別のモンスターに攻撃してもらう必要がある。


★空中浮遊術!
  1. シュウのスケープゴートを仲間の飛行モンスター(Aとする)に使用する。
  2. Aが空中で敵の攻撃を受けると、スケープゴートの効果で入れ替わったシュウが空中に浮かぶ。
  3. 陸地と接しているところなら動いて戻れるが、四方が空中、障害物ならばもう一度スケープゴートをしなければ戻れないので注意!
  4. 補足:空中からスケープゴートを飛行不可キャラに使用し、そのキャラが攻撃を受けると、 シュウとそのキャラが入れ替わり、入れ替わったキャラが空中浮遊状態になる。


★オドンの変身
☆オドンは次のモンスターにも変身できる
アークデーモン、ムル・アピス(TYPE−Aクローン)、ザルバドビット。
※『調べる』が効くモンスターには変身できるようです。アルフレッドも調べられますが、オドンがいないため変身は不可。


★リーザにモンスターの状態変化が伝染!?
手持ちモンスターが12匹のときに状態変化になっているモンスターをリーザが仲間にすると、 「モンスターと別れますか」という選択肢が出ている間、リーザに捕獲したモンスターの状態変化が移る。
※実際には感染しておらず、選択画面を抜けると元に戻る。


★投げられた味方のアイテムを入手する
味方が味方に対してアイテム(回復・補助アイテム以外)を投げると、たまにそのアイテムをキャッチして再度手に入れてしまうことがある。 このとき、名前を変更したアイテムを投げると、名前の欄の表示が変になる(悪影響は無い模様)


★ガルアーノの全体を見る!
ロマリアキメラ研究所最深部にいるガルアーノに、イーガの『流星爆』や、ちょこの『ヒュルルー』を使うと、 ガルアーノが回転し肩の二匹の竜や背中を見ることができる。
また、ちょこの『メキメキ』を使うと、ガルアーノが人工キメラ(ガルアーノの下にいるモンスター)から一瞬分離し、 ガルアーノの骨(?)が見られる
※ちょこはコンバートしたデータのシャンテ編で時の森にいくと仲間になります。
※ガルムヘッドにフライングスマッシュを使うと、ガルムヘッドの内部(緑色の配線向き出し)を閲覧できます。
※闇黒の支配者、ザルバドなどでも可能ですが、背景は殆ど変化しません。ザルバドに到っては本体がそのまま残っています。


★ニーデル兵の幽体離脱!?
空中城にいるニーデル兵(操作キャラ:グルガ)に、グルガの『グルガタックル』を使用すると、 ニーデル兵の画像は全く動いていないのに、何故か中身(ステータスの確認、攻撃ができる本体。姿は透明) だけが1マス移動する。しかもノーダメージ(汗)
※残ったニーデル兵の画像は障害物になります。これは、”ニーデル兵”のグラフィックが宝箱と同じ様なフィールド・オブジェクトであり、実態(ステータスを持つニーデル兵本来のグラフィック)が透明であることが原因だと思われます。


★ペイサスの図書館で効果音が変化
国境クリア後、サニアがペイサスの図書館で次の国を占った直後に図書館の本を調べると、何故かページをめくる効果音が変な音になる (アルフレッドがワープした時の効果音。「しゅい〜ん」という感じの音)。


★列車砲内部の謎の部屋
  1. 列車砲の赤いレーザー光線が多数設置されている通路に行き、入り口右上にある下法師が2体、アサッシンロードが3体いる部屋に入る。
  2. 敵を倒さずに、右の部屋(スイッチが3つある部屋)へ入り、また元の部屋に入り直す。
  3. バトル中に△ボタンを押し全体画面を見る。
  4. すると、なぜか列車砲最初の部屋〜日記のある部屋までが、周囲に出現!しかし、それらのマップへの移動は不可能(テレポートでも不可)で、宝箱や昇降機がない。
  5. また、全体画面の中央右端を見ると、階段と昇降機が混在する謎の部屋が見つかる。
※列車砲をくまなく探したのですが、この部屋を発見することは出来ませんでした。おそらく、開発段階でボツになった部屋ではないかと思います。
※ロックシューターのある通路でも同じ現象が起こります(下のスイッチ部屋から出た際)
また、ここから別のマップへの移動はテレポートを使えば一部可能ですが、入り口などに入っても別のマップへ移動することはできません。


★過去:アゼンダ高地の無敵フレッシュゴーレムは倒せるか?
過去アゼンダ高地で、出口を塞いでいる無敵ゴーレム(インビシブル状態のフレッシュゴーレム)を無視し、 魔法使いのイベントなしで光の精霊に会えるかどうか、ということを検証してみました。
・検証1:無敵ゴーレムに『紫の思い出草』など使って混乱させ、出口から移動させる。(インビシブル状態でも、アイテムや武器による状態変化は効く)
・結果:移動はしたものの、出口に移動しても外に出られない。戦闘終了後には動いたゴーレムが元の場所に戻ってしまった。
・検証2:ゴーゲンのテレポート&ロマンシングストーン(ジャンプUP)を使用し、ゴーレム戦前のソードイーター達との戦闘中に出口へと行く。
・結果:検証1と同じく出口へ移動しても外へは出られなかった。また、直接出口へテレポートすることも出来た
(テレポートを使用するとゴーレムのグラフィックがバグります)
総論:
結果から判断すると、魔法使いに合わなければアゼンタ高地の出口部分には脱出フラグが立たないようです。 テレポートを見越した対処法がなされているようです(無念…)
また、ゴーレムは毒状態にできますが、ターン数の関係上倒すことはまず不可能でしょう。


★ヘモジー化でモンスターの姿が変になる
アークデーモンやTYPEーAクローンのような巨大モンスターに対してヘモジー化を使用すると、同種類の敵のグラフィックが奇妙な形になる (ヘモジーのグラフィックが所々に混ざるなど)
この状態で麻痺、眠りなどの別のグラフィックにすると、もはや原型さえとどめなくなる…(笑)
※オドンでこれらのモンスターに変身するとオドンにもこの現象が現れます。原因は不明ですが共通点として、 これらの敵が通常サイズでないことが原因の一つではないかと思われます。

アークトップへ    トップページへ