裏技実験例


★:各項目の筆記事項は、『チェンジエネミー上級編』の定理・裏技を発見するに至った実験例です。

◎NO,1:技を覚えなくなるとき


◎NO,2:追加能力を何個でも付ける方法・例外(Pパーツ編)

【例1】

  1. アサッシンロードを、モンスターゲームの賞品で仲間にする。(闘技場チーム5パーティー戦:第8試合目の賞品)《ディバイド・爆裂手裏剣・トルネード所持》
  2. 追加能力:《コンフュージョン・ファイヤーブレス》を追加する。
  3. アーク2のマザーの館でPファイアバグを装備する。
  4. 戦闘中にLRボタンを使って、マジックシールド・コンフュージョン・ファイヤーストーム(全てPファイアバグの追加技)を、この順番で、特殊能力の欄の一番上に並び替える。
  5. 追加能力:コンフュージョン(Pファイアバグの追加技の方)を、自爆・《スピードアップ》に変える。
  6. シーフにクラスチェンジする。《サイレント・ダイアモンドダストを覚える》
  7. ニンジャにクラスチェンジして分身の術を覚えようとしたが、覚えることはできず、技は9個までしか持てなかった。
  8. (7)と(6)のクラスチェンジを反対にしたところ、分身の術・サイレントは覚えたが、ダイアモンドダストは覚えられず、結果は同じになった。

【例2】

  1. アサッシンロードをモンスターゲームの賞品で仲間にする(闘技場チーム5パーティー戦:第8試合目の賞品)
    ディバイド、爆裂手裏剣、トルネード所持)
  2. 追加能力:コンフュージョン、ファイヤーブレスを追加する。
  3. シーフにクラスチェンジ。サイレント、ダイヤモンドダストを覚える。
  4. アーク2のマザーの館でPファイアバグを装備する。
  5. 戦闘中にLRボタンを使って、マジックシールド、コンフュージョン、ファイヤーストーム(全てPファイアバグの追加技)を、この順番で特殊能力の欄の一番上に並び替える。
  6. 追加能力:コンフュージョン(Pファイアバグの追加技の方)を、自爆、スピードアップに変える。
  7. Pファイアバグをはずしニンジャにクラスチェンジする。分身の術を覚え、技を10こにすることに成功!
    ※注:(3)でニンジャにチェンジし、(7)でシーフにチェンジしても可。
 

【追記】

上記の例1は、『NO,1:技を覚えなくなるとき』の定理通り、 追加特殊能力(ディバイド)を1個持っていたアサッシンロードは、空欄が1個になってしまったため、 (7)でクラスチェンジしても技を覚えることは出来ませんでした。
しかし、例2の場合は、同じアサッシンロードを使用したにも関わらず、何故か、空欄が1個の状態で新技を覚えることが出来てしまったのです。
例1と例2の違いは、例1が、最初に追加能力を付け、最後にクラスチェンジをしたたのに対し、例2は、最初に1回クラスチェンジをし、 そのあとで追加能力を付け、最後に1回クラスチェンジをした、ということです。
なお、この現象の原因をありのすさんが内部解析を用いて検証なされました。詳細は特殊能力の内部配置と修得法則へ。

アークトップへ     トップページへ