アークトップへ

★ モンスター大改造 ★

−−チェンジエネミーによる改造−−

●初めに

この章では、モンスターがクラスチェンジして覚える新しい技(すでに持っている技は除く)のことを、 ”新技”として表記します。
また、マザークレアの館を、マザーの館として表記します。

通常、モンスターの覚える技は、各クラスごとに決まっており、2つの追加能力以外は自由に設定することが出来ません。
しかし、ここで紹介するチェンジエネミーを使えば、別のクラスの技や追加能力を覚えることも可能になります!

★チェンジエネミーの改造に必要なもの

其の一 アークザラッド・モンスターゲーム(闘技場チーム:3チーム戦をクリアしていること)
其の二 アーク2(あると便利)
其の三 チェンジエネミーが使えるキャラ(ジークベック(Pレティセント装備)、ヘモジー)
其の四 姿は同じでも、クラスが違うキャラのいるモンスター 
(例:キラードッグとヘルハウンド・グリーンスライムとスライムボンバー等。以降は普通に、『モンスター』として扱います。


★チェンジエネミー改造の基本
モンスターゲームの闘技場チーム:3パーティー戦をクリアし、5パーティー戦が可能な状態(メインキャラも参加可能)にしておきます。
そして、『友達と戦う』を選択し、1Pにモンスターを、2Pにチェンジエネミーが使用可能なキャラを用意します(1Pと2Pは反対でもOK)。 

戦闘が始まったら、2Pが1Pのモンスターに対してチェンジエネミーを使います。すると、まれにモンスターが別のクラスのモンスターに変わることがあります。こうなれば成功!戦闘を終えて下さい。
戦闘終了後、マザークレアの館に行きクラスチェンジや追加能力の画面を見ると、チェンジエネミー後のクラスの画面になっています。
当然、クラスチェンジや追加能力を付けることができます。 

ちなみに、チェンジエネミーによって別のモンスターになっただけでは、LVを上げても現形状のモンスターの新しい技は覚えません。
チェンジエネミー後のクラスの技を覚えるには、普通にクラスチェンジをすればOKです。
ただし、現在の技の修得数などにより少々勝手が異なります(事項参照)。


★技・基礎知識編★
《チェンジエネミー上級編の前提知識ですので先に目を通して下さい》

◎NO,1:技の覚え方

モンスターは人間と違い、そのままでは技を全て(8個)覚えることができません。 マザーの館でクラスチェンジを繰り返すことによって、初めて全ての技を覚えることが出来るのです。

しかし、クラスチェンジをしただけではまだ技を覚えることは出来ません。 LVUPか、経験値の手に入る行動をする(LV1000でも可)ことによって、技をLV1として覚えることが出来ます。 前者は、各モンスターの技ごとに、「何LVUPすれば覚えるのか」、 が決まっていますが、後者の詳しい情報は分かっていません。

また、クラスチェンジしてからLV1で技を覚えるまでの間、新技はLV0の技として、 画面には見えていないのですが『技』として存在しています。 そのため、LV0の技がある空欄には追加能力&新技を覚えさせることが出来ず、LV0の技を消すことも不可能です。

※1:LV0の技は、クラスチェンジすると同時に覚えます。
 イベント修得の、リーザのラヴィッシュ、トッシュの紋次斬り、イーガのラマダ真拳、ちょこの覚醒,ラヴィッシュなども既にLV0で修得しています。
なお、アーク2のバット系のみ、追加能力でLV0のアシッドブレスを取得できます(後述)。
※2:LV0の技を消すためには、LV1として技を正式に覚え、チェンジエネミー後に追加能力画面で消すしかありません
 (注:チェンジエネミーの裏技に該当するキャラでのみ可)。

◎NO,2:技を覚えなくなるとき

クラスチェンジして新技を覚える際、残りの技の空欄が2個以下であると、クラスチェンジをしても残りの新技を覚えられなくなることがあります。 この時は、追加能力をはずして空欄を3個以上にすれば、再び新技を覚えることが可能になります(注:技8個が全て新技の場合は不可!追加能力を付けるしか方法はない)

また、空欄の数が、『これから覚える新技の数+2個』よりも少なかった場合は、『現在の空欄の数−2個』の新技しか覚えることが出来ません。
このとき新技は、『リーザのモンスター図鑑』の新技の並び順で、下にある新技から順に覚えなくなっていきます。

しかし、モンスターゲームの賞品モンスターで、『追加特殊能力』がある者だけは、空欄が2個以下でも、新技を覚えられることがあります。 (下記の1,2参照)

  1. 『追加特殊能力』が1個のモンスターは、空欄が2個以上あれば技を覚えることが出来ます。
    (1個では不可!)
  2. 『追加特殊能力』が2個のモンスターは、空欄が何個であっても新技を覚えられます。

また、1,2ともに、空欄が新技の分より少なかった場合は、『リーザのモンスター図鑑』の新技の並び順で、下にある新技から順に覚えなくなっていきます。

※これらを利用した裏技が、下記の、『チェンジエネミー上級編−NO,1,2:いらない新技の消し方1,2』です。
※『裏技実験例:NO,1』に、この定理を発見した過程を載せておりますので、参照にして下さい。

◎NO,3:追加能力の並び順

マザーの館の追加能力画面で表示される、追加能力2個の並び順は、実際の技の並び順と同じになっています。 (これを利用した裏技が、下記の、『チェンジエネミー上級編−NO,4:追加能力を何個でも付ける方法1』です。)

◎NO,4:を保持したまま別のキャラになる方法
チェンジエネミーで別のモンスターにチェンジすると、反・受・投・跳・移動力、アンデッド特性だけは継承します。


★チェンジエネミー上級編

◎NO,1:いらない新技の消し方1
この裏技は、新技が2個以上のときのみ有効で、消去できる新技は、リーザのモンスター図鑑で下に表示されている新技から順番にです。 (例:エクトプラズムの技は、スリープウインド・ホーリーブレス・マインドバスターの順でモンスター図鑑に表示されている。この裏技では、このうち、マインドバスター・ホーリーブレスの順で新技を消すことが出来る。)

●:まず、消したい新技を持っているモンスターにクラスチェンジする前に、技の空欄の数を、
新技の数+2−いらない新技の数』に設定しておく必要があります。(空欄は、なるべく追加能力で埋めてださい。) その後、クラスチェンジをしてLVを上げ、指定した技だけを覚えられたら成功です!!

◎NO,2:いらない新技の消し方2
この裏技で消去することの出来る新技は、『リーザのモンスター図鑑』の新技の並び順で、下にある新技から順番にです。 なお、この裏技は、モンスターゲームの賞品モンスターにだけ有効です。

●:まず、技の空欄の数を、『新技の数−いらない新技の数』 (『追加特殊能力』が1個のモンスターは、『新技の数+1−いらない新技の数』)だけに設定しておきます。 (空欄は、なるべく追加能力や、別のクラスの新技で埋めて下さい)その後、クラスチェンジをしてLVを上げ、指定した技だけを覚えられたら成功です!!

◎NO,3:(チェンジエネミー編)追加能力を何個でも付ける方法1
チェンジエネミーの裏技を利用すると、一つのクラスの追加能力を3個以上所持することも出来ます。少々難しくなりますので例を挙げて説明していきます。

●:まず、あるモンスターAがいるとします。そして、Aの現クラスBの追加能力に、技D、E、F、Gがあるとします。 また、別のクラスCの追加能力に、クラスBと同じく、技Dがあるとします。

始めに、AにクラスBの追加能力:技E、Fを付けます。 そして、クラスCにチェンジエネミーし、追加能力:技Dを付け、チェンジエネミーでクラスBに戻り、戦闘中にLRボタンを使い、技Dを技E、Fの上に移動させます。
その後、マザーの館の追加能力の表示をみると、技Dが表示されるようになります。 あとは、技Dを技Gに変え、再びチェンジエネミーでクラスCになり、技Dを付ければ、クラスBの追加能力を4つ同時に持つことが可能となります。
また、これを繰り返せば、クラスBの追加能力を6個付けることも可能です。

なお、技Dを技E、Fの上に移動させたのは、マザーの館で表示される追加能力2つの中に、技Dを表示させるためです。すでになっていれば移動させる必要はありません。

◎NO,4:(チェンジエネミー編)追加能力を何個でも付ける方法2
まず、上記の、『NO,4:追加能力を何個でも付ける方法1』の例と、同じ追加能力・クラスがある、モンスターAを例として説明していきます。今回は、クラスCでクラスチェンジして覚える技、Dを追加します。 (注:この裏技が適用しないモンスターもいます。例:ケルベロスのブレス6個を全てこの方法で覚えるなど)

●:まず、チェンジエネミーでクラスCになり、クラスチェンジをして技Dを覚え(LVを上げて技Dを覚えないこと!)、チェンジエネミーでクラスBに戻ります。
その後、マザーの館の追加能力画面を見ると、空欄に、LV0の技Dが表示されています。 そして、技Dを技Eと取り替えると、技Eを持っているのに、技DがLV0で残っている、という状態になります。後は、技Dを他の追加能力、技F、G〜と取り替えれば、追加能力を6個持つことが可能となります。

なお、技DはLVUPをすれば覚える(LV1として表示される)ことが出来ます。

実は、チェンジエネミーの裏技に該当しないモンスターにも、追加能力を何個でも付けられるモンスターがいるのです。
それは、ジャイアントバット系です。バット系の追加能力には、何故かLV0のアシッドブレスがあります。 バット系の追加能力を増やすには、このアシッドブレスを付け、それを他の追加能力と交換していけばいいのです。

ただし、アシッドブレスをLV1として覚えるには、相当な熟練度稼ぎが必要になります (みなぎる果実50個分)
※ちなみに、モンスターゲームでは、追加能力のアシッドブレスがLV2として表示されていますので、アシッドブレスをLV1として覚えた後に交換するとよいでしょう。

◎NO,6:ゴールデンスライムは状態変化を受けない?
スライムボンバー系のゴールデンスライムは、メインキャラの使う特殊状態変化(イクスクレイトや呪縛拳)以外の、通常の状態変化(麻痺・毒・炎弱点など)を無効にする能力を持っています。
また、チェンジエネミーで他のスライムになったとしても、クラスチェンジをするまではその効果が続きます。

◎NO,7:移動力6のマジシャン
まず、反・受・投・跳がLV3のメイジ・ソーサラー系から、チェンジエネミーでビショップ系になります。 そして、アーチメイジかダークメイジにクラスチェンジし、チェンジエネミーでマジシャンになります(マジシャン以外でもいいが、マジシャンは能力が高いのでグッド!)。
すると、移動力が6のマジシャンを作成することができます。(ビショップ系のままでLVUPすると、反・受などがLV0に戻るので禁物!ただし、LV1000ならば大丈夫!)

◎NO,8:ニンジャマスターのチャージ
ニンジャマスターが覚える『チャージ』は、何故かクラスチェンジでは覚えることができません。 そのため、現段階ではクズ鉄の町に出現するニンジャマスター(ロマリア再侵攻時)を捕まえるしか、 ニンジャ系にチャージを覚えさせる方法はありません(クレニア闘技場でも出現しますが、今のところ成功例はゼロ)。


アークトップへ     トップページへ